3週目が終わりました!毎日少しでも勉強をしてきたからなのか、たった3週間でも知識が増えたなぁという満足感が…あります…(いやこれまで0だったのでそりゃ当然ですが)

3週目の振り返り

人体クロッキー

ほぼ毎日続けてきたので、少しは上達したかな!?と期待の気持ちを込めて初日から見返してみましたが、大して変わらなくって泣き笑い。劇的ビフォーアフター!とはならず。完全にマンガの読みすぎドラマの観過ぎ。現実ってソンナモンヨネ( ˆωˆ )

でも30秒ドローイング系はやっても意味はない!とか上達しない!という意見を(ネット上で)ちらほら見かけましたが、私個人としては「やってよかった」と感じています。

3週間続けてみて感じている「やってよかった点」は、

・ポーズの引き出しが増えた
・ラフを描くのが速くなった
・身体のどのパーツが苦手なのか明確になった

といったところでしょうか…あくまで個人(初心者)の感想です、が私はも少し続けていこうと思っています。

色塗り

さて7月は苦手な色塗り強化月間としておりまして…1枚目はその中で特に、最も苦手 of 苦手なアニメ塗りを選びました。

なぜアニメ塗りが苦手かって、誤魔化しがきかない(と思っている)からです。ベタ塗りって私が普段多用している水彩塗りに比べると、対象物の形やバランスが崩れているのが一目瞭然わかりやすいような気がするのでひたすら逃げ回ってきたわけですが、いやもうここは肚を括ろうとあえて1枚目はアニメ塗りに挑みました。

いや、ほんと、難しかったー……………。。。

途中でぼかしや水彩ブラシも使っちゃって「む…これはアニメ塗りなの?そもそもアニメ塗りの定義とは?」とややこしい扉を開きかけたり、うあーーーラフの方が可愛いじゃんどうしようやっぱ私の絵はアニメ塗りに向いてないのでは?なんていっちょ前に落ち込んでみたり、他の方のイラストを参考に見ていたら自分のイラストの足りないところにばっかり目が行ってしまって「うおおおおどうしようぅぅうう終わらん!」と涙目になってみたりしました。

…が、知ってはいたものの、実際にやってみなければ腹落ちしなかったであろうことがいっぱいありました◎

気づいたことまとめ

・アニメ塗りは線が細い方が綺麗に見える(※好みです)
・対象物の内側と外側で線の色を使い分けるとメリハリがつく
・アニメ塗りは楽しい、けどやっぱり難しい

次の課題

・柔らかさ/硬さの描き分け
・透明感の表現
・背景込みでラフを描く
・ラフの段階で影/ハイライトも決めておく

(↑こういうのやってみたかった!)

しんどかったけど、アニメ塗りだからこそ気づけたことがいっぱいある気がするなー。楽しかった!また挑戦してみよう。