今日はRENTの来日公演に行ってきました!
去年NYで『Cats』と『Wicked』を観てからブロードウェイミュージカルに魅了されてしまい………

『Cats』を観たときはほんと、痺れたなあ。
あんなに動いて正確な音程で、しかも結構な声量で歌えるだなんて!
本当に同じ人間なの?って、心底思った。
しかもしかも生演奏ですよ。なんだよそれ。神か。

今日観た『RENT』も、ほんと、ほんっっっっっっっっっと良かった。
痺れまくりました。

両親の影響で海外のミュージカルが大好きなのですが、
歌の歌詞の韻を踏んているところとか
ちょいちょい世界的な名作の登場人物をさり気なく入れてくるところとか
好きで好きで…

あと、多種多様な人種・宗教が共存している土地の作品って興味深いです。
諍いを一つとっても、歴史的・宗教的に、勧善懲悪で割り切れないところがあったりして…
多分、そういう環境の中で各々生き方を模索する群像劇みたいなのが好きだから
スタオの小説を書きたい!って思うんだなーって合点がいきました。(唐突)

地球連邦の一軍人であるクロード(しかも提督の息子)と
未開惑星の村娘であるレナの恋が、すんなりうまくいくわけないじゃん…
クロードはレナを連れて行くにしろ自分が残るにしろ、
そんな簡単に決断を下さないんじゃないかな…とか思って…たり…

…する暑苦しい思いをいま小説にまとめています。
自己満足感がスゲーですが自分の理想のクロレナを書けるのはほんと楽しいですね!

しかし今日は日本の劇場だからか、場内は一切撮影禁止だったのが本当に悲しかったな。
NYというか海外ではそういうこと、言われないんですけれど。

美術館も然り、日本は妙に厳しいところがあって(既得権益?)なんだかな〜といつも思います。
美術館の入場料も高いですしね。

まあそこは割り切って、自分がNYに行くしかないですね。
いつかNYに1ヶ月くらい滞在して、ブロードウェイで観劇三昧するのが目下の目標です。